地域別神待ち掲示板

神待ち少女と泊め男

地域別の神待ち掲示板で運よく神様の泊め男が見つかったので家出しました。

今回で家出は3回目です。でも罪悪感がありました。両親に対してのものではなく、いずれ会えなくなる付き合っていた彼女に対してのものでした。

自分は今、不倫浮気をしているんです。そうしみじみ思ったのは、ある夜、初めての浮気でエッチを終えてラブホでシャワーを浴び、彼女といっしょにお風呂に入っている時でした。

エッチした後は、いつもそうだったのですが、シャワーを浴びずに一回戦を終えたあと、風呂に入ってもう一回戦というのが私たちのお気に入りのプレイになっていました。

彼女は、地域別神待ち掲示板で知り合った女子大生です。

いつもはムンムンとエネルギ−を発散させているように見える彼女の体が、この時は妙に頼りなさげな感じで、守ってあげたい気持ちを?き立てられたのです。

こういう場合の常として、女性のほうから今後の関係について言質をとろうとしたりすると、男は逃げ腰になってしまいがちです。

彼女は、慎重にそれを避けているかのごとく、こちらによけいな警戒感を抱かせるところがありませんでした。

いつもはうるさいほど良くしゃべるくせに、大事なところでは余計なことを全く口にしないかわいい女性でした。

私には、その時彼女もいたので、いわゆる二股状態でした。神待ち娘はそれも承知で付き合ってくれていたのです。。

守りに入ると弱い彼女ですが、自分が責める側になるとまるで容赦がありませんでした。

風呂から出てベッドへ戻ると、いきなり私に覆いかぶさってきて、まずは濃厚なディ−プキス。そして耳から首筋、腋の下へと舐め下ろしてきて、左右の乳首を念入りにしゃぶり込んできます。

時には、甘い吐息をかけられそれがいやらしく感じられました。

乳首のあとは、脇腹へ。そこからフェラチオに入るのかと思いきや、下腹部は飛ばして足先へ。まるでソープ嬢のようなテクニックに私は、今の彼女と別れて、家出して泊め男として、神待ち娘と同棲することにしたのです。


家出神待ち少女が集まる大人気

神待ち掲示板