神待ち札幌

北海道の札幌家出掲示板

過去に2回だけ、札幌の神待ち掲示板で神様にお願いしたことがあります
神も仏も宗教も一切信じてはおりませんし、世の中にはびこる怪しげな新興宗教の類なども、全て無くなってしまえ!と、神に祈りたいくらい疎ましいと思っているのですが、そんな自分でも過去に2回だけ、「神様、どうぞお願いします!!」と祈ったことがあります。

 

1つは、札幌で家出して凍えそうになった時です。
高校3年生の現役1回目の大学受験では、受験した大学は見事に全滅でした。
地方出身者ですが、大学は東京の学校に行きたいと思っていましたので、1回目、2回目の受験とも、上京して試験を受けました。
ただでさえ1年浪人して親に負担をかけているのに、2回目の受験でも、当然ながら東京までの電車代と宿泊代も負担してもらっています。
これで落ちたら親にも申し訳ないし、そもそも浪人2年目なんて考えるのも恐怖だったので、合格発表の日は本当にドキドキしました。
それこそ、「神様お願いお願いお願いお願い・・・」といった心境でした。
祈りが通じたのか・・・何とか1校だけ合格だったのですが、その時の安堵感といったら、今でも忘れられません。
合格発表後、実家に帰る電車のなかでは、本当にホッとした、うれしい気分で電車に揺られていたことを覚えています。

 

あと、もう1つは、友達の手術のときでした。
まだ知り合って2年目くらいでしたが、北海道の人間ドッグで乳がんの疑いがでて、精密検査したら初期の乳がんであることが判明しました。
セカンドオピニオン、サードオピニオンまで受けて、地元の信頼できる札幌の病院で手術をすることに。
がんのステージも初期であり、それほど大掛かりな手術や治療は必要なさそうなのは、いくつかの検査でわかったのですが、そうは言っても、少しではありますが患部の切除が必要なので、全身麻酔で数時間の手術をすることになりました。
本人もかなり落ち込んでおり、当時はお互い、とてもつらい心境でしたね。
手術当時、麻酔をかけて手術室に運ばれるのを見届けてからは、もう手術が終わるまで、またも「神様お願いお願いお願いお願いお願いお願いお願い・・・・・・」状態でした。
またまた祈りが通じたのか・・・手術は無事に完了し、リンパなど他の部位への転移もまったくなかったので、結果的にはとても良好な状態で退院し、その後の治療も順調で、現在では病気だったことなど忘れたかのように元気です。
・・・しかし、まったく無宗教で神の存在なんて普段は全然信じてない人間でも、もう自分ではどうしようもない状況になったら、無意識のうちに、やっぱり神様にすがって神待ちしまうもんですね。。
・・・とはいえ、やっぱり理性では神様は信じてないんですが、今日も神待ち掲示板を除いてます。


家出神待ち少女が集まる大人気

神待ち掲示板