神待ち名古屋

神待ち娘と名古屋駅で待ち合わせ

週末暇だったので、神待ち掲示板で家出した女子を探してました。すると結構引っかかりがいいんです。

名古屋は、家出する若い娘が多いんです。噂ですが。その中の1人とJR名古屋駅で待ち合わせをしました。すると本当に来たんです。見た目は写メより2割引きって感じです。

でも、そこは若さでカバーです。名古屋駅の近くのレストランに行きました。お腹が空いていたようで、がつがつ食べてました。それが結構かわいかったですね。

そのレストランにいた3人の女性が、こちらを見おろしていました。初めは、自分たちのが何を見られているのか理解できない感じでした。年齢差が不自然だと思われたんでしょうね。どう見ても親子には見えませんですから・・・。キャバ嬢との同伴と思われているのかもしれません。

やがてその表情は、嫌悪にゆがんでいきます。1人がいまにも吐きそうに、口元を押さえて立ち去っていきます。潔癖症の女性だったのかもしれません。

私は、まだ財布をテーブルの上に置きっぱなしだったことを思い出しました。生まじめな女は、わざわざ伝票を取りにきたのでしょう。

 

食事も終わり、神待ち娘は、私の家に泊ることになりました。私の駅は名古屋駅からタクシーで20分くらいの所です。泊め男初体験です。

私には年上の女房がいまして、いまから8年前に私が29歳、そして彼女が36歳のときに結婚しました。

そもそも女房とは旅先で知り合い、私は1人旅、そして彼女は、妹と参加していました。

旅行中に美人姉妹と仲よくなり、帰って来てから姉のほうと交際が始まったのですが、妹の方も私対して好意を抱いていたのは、なんとなくわかっていました。

でも、正直恋愛という気持ちは起こらず、年上の今の女房のほうに夢中だったんです。

いま思うと、当時の私はまだ29歳の若造ですから、やはり大人の女性に魅力を感じていたんだと思います。

その女房は今は、体調を壊して入院しています。検査入院ってやつです。その間に神待ち娘を家に連れ込んでいるんですから私は最低の夫でしょうね。

でも、セックスも女房の体調が悪いこともあって半年くらいしていないんです。だからしょうがないと自分に言い聞かせました。

 

家では、家出少女をお風呂に入れて上がってきたら即エッチしました。若い体は、女房とは比べ物にならない肌触りです。久しぶりのエッチを堪能しました。それも2回。彼女はまぐろに近かったですが、それでも私は大満足で、こんなに精子が出たのは、高校以来と思うような射精をしました。

これはくせになりそうです。


家出神待ち少女が集まる大人気

神待ち掲示板