神待ちライン

神待ちライン掲示板で今日もSEX

俺は都内で営業職の仕事をしている29歳のヒロタカと言います。

 

以前まで大学時代からお付き合いをしていて、結婚も視野に考えていた女性が居ましたが、相手女性が結婚を望んでいない事が発覚。
すると何処か俺自身の気持ちが冷めてしまいフェードアウト、破局となってしまいました。
同時に自身も結婚願望が無くなってしまい淡々と過ごす毎日を送っていました。

 

そんなある日、いつもの如くネットサーフィンで暇を潰していたら神待ちライン掲示板を発見。
最初はそのままスルーしていたものの、「どんなサイトなんだろう?」と気になる様になり、口コミサイトを見ていると未婚女性から人妻まで幅広く登録している事を知りました。
個人的には「本当はダメなんだろうけど、既婚女性と会えたらそれはそれで楽しそう」と少し軽い気持ちで登録を済ませて、そのまま利用してみる事にしました。

 

プロフィール検索欄から女性を検索。
女子大生と言った若い女性から5?60代の人妻まで登録していたり、幅広い事に大変驚きました。
顔写真も載せていたりと神待ちライン掲示板のスゴさに感激しつつ、今回は人妻女性をメインに探してみる事にしてみました。

 

始めた数日ぐらいは業者からのメールも多かったのですが、見分け方法を知ってからはスムーズに。
10人程に「初めまして!仲良くして下さい!」とシンプルにメールをしてみて、長くやり取り出来た人と会ってみよう!と思っていましたが、実際続いたのは1人だけでした。
その女性の名前はマヤ、同じ都内住みで38歳の人妻で自営業をしているとの事でした。
メールでは「趣味は何ですか?」「フラッと温泉旅行!」から始まり、「有馬温泉行ってみたい!」とお互いに温泉旅行好きと好みも合い、1週間近くやり取りをしていました。

 

ここまで来ると直接やり取りした方がポイント購入もしなくて済むので思い切って「良かったらLINEしません?」と送ると、「じゃあ、これに送って!」とIDゲットする事に成功。
そこからはLINEで連絡を取り合っていました。

 

神待ちライン掲示板の人妻

聞く所によると、旦那さんは海外出張で何年も家に帰っていないそうで子供も居らず、その寂しさを何処かで埋めたいと思って始めたのが神待ちライン掲示板だったそう。
特に冷え切った関係では無いので最初は「良いのかな?」なんて気持ちも有りましたが、ここは割り切って行きます。
2週間も電話だったりしていると距離感も近くなり、マヤから「ヒロタカ君と会いたいな?」とお誘いを頂きました。
「だったら来週、前に行ってた有馬温泉に行きます?」「えっ!?...うん!」と即決定、新幹線の切符と宿を手配して東京駅で待ち合わせをしました、

 

当日、東京駅で待ち合わせをしていると「お待たせ?!」と笑顔で駆け寄って来たマヤ。
写真で見たよりもほっそりとした女性で、ナチュラルメイクでスキニーにシンプルなシャツの綺麗な女性でした。
女優の仲○由紀恵さんの様な綺麗さで「おおっ...元カノより美人だ」と一瞬惚れてしまいそうに。
はやる気持ちを抑えて一緒に乗車、周りからすれば夫婦の様に楽しく車内で楽しんでいました。

 

新大阪駅に到着してからレンタカーを借りて有馬温泉へ。
お互いの学生時代の恋愛だったり、日頃の事など他愛の無い話をしているとあっという間に到着。
1時間程温泉に浸かってから泊まる宿へと向かいました。

 

今回予約したのが和室で、お互いに浴衣状態。
美味しく料理を頂いてお酒も進んで、気が付けば2時間程経っていました。
久々の女性と二人っきりでほろ酔いだと俺自身のムラムラ感も高まって来ます。
するとマヤは気付いたのか少し浴衣をズラして胸元を見せて来る様にして来ました。
神待ちライン掲示板の時とは違って、小悪魔的な誘惑で「ど?したの?」とイジワルな笑顔、正直堪らなかったです。

 

「マヤさん、俺抱きたいです」「ふふっ...良いよ」と脱いで抱きつくマヤ。
下着を着けておらず相当エロい女性なんだと実感。
俺自身のアソコもビンビンで、その上を跨ぐ様にして激しいディープキスをしました。

 

「んんッ...ぷはあ...」とクチュクチュ音を立てながら息が出来ないくらいお互い求め合う様に。
その間にもマヤの乳首を強く弄っては「ああん!」と反応する姿が更に性欲を爆発させました。
布団の上に押し倒す様にして生挿入、今までに無い様な膣の締まり感は一瞬でイってしまいそうでしたね。
愛し合う様に激しいピストン運動がマヤの喘ぎ声も大きくさせます。

 

「あっ!あっ!ああん!」とアソコを包み込む暖かさは正常位でもバックでも変わらず気持ち良さ倍増でした。
身体の相性もバッチリだったのかもしれません。
「旦那のアソコよりも気持ちいい!」と俺自身を抱きしめながら何度も叫ぶマヤ。
「ああっ、俺、マヤさんの事好きになりそう」「私も好きだよ」と、もうカップルの様な感じでした。

 

気持ち良さは頂点へ。
「い、イくっ!」「ああん!」と中出しフィニッシュ。
汗だくになった後もイチャイチャしながら抱きしめ合い、裸のまま朝まで寝ていました。神待ちライン掲示板最高です!


家出神待ち少女が集まる大人気

神待ち掲示板