神待ち掲示板アプリ

神待ち掲示板アプリでその日にエッチ

家出女性との出会い体験

 

1年前の夏、俺は神待ち掲示板アプリで、19歳の女性と出会いました。

 

家出して友人宅に居候する日々を送っているとの事。

 

彼氏はいないとの事で、とりあえず今は神待ち掲示板アプリに登録していろんな男性とエッチをして、その経験を基にして県外の風俗店で働いて1人で生計を立てたいとの事でした。

 

女性は髪型はミディアム茶髪のストレートで、身長は158センチEカップと巨乳で、体型は普通体型。

 

見た目は元AV女優の瑠川リナに似てました。

 

俺が「神待ち掲示板アプリのプロフィールを見てカワイイなと思ったのと、ミディアムのストレートの髪型がタイプで合致してたのでメッセージしました。」と送ると女性は、「メッセージありがとうございます。ウチは元々こういう髪型にする事がほとんどなので、気に入ってもらえてうれしいです。」みたいな感じで返事が返ってきてやりとりが始まっていきました。

 

それから家出の事についての話になっていき、家出のきっかけは先ほど存じ上げた通りで、その後、「俺は35のおっさんだけど、年齢は大丈夫?」と聞くと、女性は、「ウチ、おじさんがタイプだから大丈夫だよ。」と女性が答えたので、そこからLINE交換して会う約束へと話が進んでいきました。

 

女性はその日に居候してた友人宅を翌日出て、それ以降はまた別の友人宅に居候って流れのため、会うのは翌日が良いと言ってきました。

 

俺は急で少し戸惑ったけど、髪型もタイプで性格はちょっときつめかもしれないけどカワイイ印象が勝ったため、思い切って翌日会う決心をし、翌日18時岡山市清輝橋のマクドで会う事になりました。

 

神待ち掲示板アプリの家出娘

会った時から緊張してる俺とは対照的に、女性は人見知りする事もなく明るい印象でしたね。

 

ちなみに女性はスーツケース持参でした。

 

マクドで食べながら女性と家出の事とか好きな異性のタイプについて話しました。

 

女性は、家出の話になるとちょっと感情的になる部分もありましたが、それでも一生懸命話してくれました。

 

あと、神待ち掲示板アプリで会った男性は俺が5人目で、男性のエッチの傾向や男性の落とし入れ方もわかってきたから、もうそろそろ神戸か大阪の風俗店に面接に行こうか思ってると言ってました。

 

女性は話してみると、性格はややきつめの印象も受けましたが、自分の意見を持っててしっかりしてる印象でしたね。

 

そして、エッチはホテルだと料金がかかるという事もあり、俺の家ですることになりました。

 

俺は女性を車の助手席に乗せ、家に向かいました。

 

そして、女性を近所の住人に見つからないようにエスコートして家に入れ、女性にお茶とお菓子を出して雑談しました。

 

雑談してると女性が突然、「ところでお兄さんってもしかして髪フェチ?神待ち掲示板アプリやマクドでも髪型がどうとか言ってたよね?」と言うと俺は、「うん、髪フェチだね。こういう髪型好きだし。触って良い?」

 

女性「良いよ。やっぱり髪フェチと思った。この髪型のどんなところが好きなの?」

 

俺「(髪に触ったり顔に当てたりしながら)顔を包み込むかわいらしさがあるからかな。ほんと髪ツルツル。」

 

女性「ほんと髪好きなんだね。お兄さんみたいな人初めて会ったし、お兄さんほんとおもしろい。」

 

そんな感じで女性と話しながら女性の髪を触っていると女性は、「今度は後ろも触ってよ。サラサラじゃない?」と言ってきて俺は女性の後ろ髪を触りました。
そこから女性の後ろ髪に顔をうずめて、女性にハグをしました。

 

女性は、「後ろハグ嬉しい。ウチを守ってくれてるって感じする〜。しばらくそうしててくれないかな?」と女性が言ってきたので、俺は女性の言う通り、髪に顔をうずめたまま後ろハグ状態でした。

 

3分ほどして女性が、「ありがとう。お兄さんにハグしてもらったらなんかホッとした。」と言い、女性は振り向いて俺にDキスしてきました。

 

そこから女性は俺を押し倒し、「なんか楽しくなってきたね。一緒にドキドキしよう?」とささやくような声で言ってきて、そこからまた舌を絡めてDキス。そして俺のチンチンをシコシコしてきました。

 

すると俺のチンチンからガマン汁が出始め、「こうしたらもっといっぱい出るんじゃない?」と言って、女性は俺の手を掴んで自分のおっぱいを触るように促してきました。

 

俺がおっぱい触り始めると女性は、「なんか気持ち良い・・・。舐めても良いしいっぱいいじめて。」と完全に女性はセクシーな声になっていました。

 

そこから俺はまた女性の髪に触れたり髪に顔をうずめたりして女性を攻め、女性の髪に何度もキスしました。

 

そこから俺は女性の女性器に挿入。

 

女性は最初は痛がってましたが、慣れてくると「気持ち良い。」を連発。

 

そこからまた女性の髪を撫でながら女性器に向けてフィニッシュしました。

 

フィニッシュしてからは、「神待ち掲示板アプリでのエッチで一番楽しかったよ、髪フェチさん。」とちょっと俺をからかったような感じで俺に言ってきてお互いアハハと笑いました。

 

その後はお互いのフェチについて語りあいました。ちなみに女性は腕フェチとの事でした。

 

この日は女性は俺の家に泊まり、翌朝女性を岡山駅まで送っていきました。

 

神待ちアプリの女性は遊んで生きてきた女性が多いというイメージだったけど、女性はいろいろ闇を抱えながらもしっかりとした強い女性だったという印象でした!


家出神待ち少女が集まる大人気

神待ち掲示板