鹿児島神待ち掲示板

鹿児島神待ち掲示板SNS

鹿児島神待ち掲示板BBSで家出娘とエッチの毎日

 

■家出して神待ちをしたくなる年頃

 

警察庁の「少年の補導及び保護の概況」における統計データによると、2015年の家出少年・少女の保護総数は16035名。

 

そのうち最も多いのが中学生の6304名で、2番目に多いのが高校生の4378名です。

 

つまり、いわゆる思春期における子供の家出件数が非常に多いと考えられます。

 

思春期というのは、肉体・精神共に不安定になりやすいものです。

 

肉体的には第二次性徴の時期ですし、精神的には人間関係や進路などの悩みが大きく立ちはだかることでしょう。

 

また、反抗期も中高生に多く表れます。愛媛大学教育学部の統計データによれば、反抗期の時期としては「中学生」が50%、「中学校〜高校にかけて」が20%、「高校生」が11.7%と、大部分を占めていることがわかります。

 

反抗の対象となるのは、やはり両親が多いようです。最も長い時間接する相手ですし、反抗心の表れは自立心の芽生えでもあるからですね。

 

このような「親への反抗」は成長へのプロセスとしても重要ですが、どのように反抗するか、というのは人それぞれ異なります。

 

そして、そうした反抗方法の一つとして「家出」という手段が採られるのが、中高生の家出件数が多い理由と考えられるのではないでしょうか。

 

そんな彼らに人気なのが、鹿児島神待ち掲示板なんです。

 

■家出の原因と神待ち掲示板BBS

 

今では、LINEやTwitter、Facebookといった様々なSNSを通じて、直接の面識のない相手とも繋がることができます。

 

直接の面識がないからこそ、本音を打ち明けることができるといった人もいますね。

 

こうした鹿児島神待ち掲示板上の人間関係というのは、時として現実の人間関係よりも魅力的に映ることがあります。

 

親や友人には吐露しにくい思春期の悩みも、スマホやPC画面の向こう側にいる相手ならば、気軽に吐き出すことができるという子供もいるでしょう。

 

つまり、現在は、子供自身の立脚点が家庭にしかなかった時代とは異なり、家庭以外にも精神的な拠り所を持てる時代といえるわけです。

 

すると反抗期に差し掛かり、閉塞感を覚えている子供は「家を出る」という選択肢を採りやすくなるのですね。

 

鹿児島神待ち掲示板のもたらした影響の一つには、子供に精神的な拠り所を与える、というものがあったといえましょう。

 

■家出をしてみても……

 

ところが、鹿児島神待ち掲示板での繋がりは、現実でのそれとは異なり、確固たる実体をもたないものも多くあります。

 

したがって、多くの場合「家出という選択肢」が示されたところで、それが幸福に繋がるとはいえないでしょう。

 

鹿児島神待ち掲示板やSNSでの知り合いたちは「家を出ればいい」「よければうちに泊まっていいよ」などと優しい言葉を投げ掛けてくれるかも知れません。

 

しかし、そこには現実感が欠けています。家を出た結果どうなるのか、お金はどれくらい必要なのか、学校などはどうするのか、といったビジョンもありません。

 

それどころか、「神待ち少女」問題などのように、子供を騙し、搾取しようという大人の罠が待ち構えている可能性すらあるのです。

 

ですので、鹿児島神待ち掲示板での関係にあまりのめり込むことなく、現実を踏まえた行動をとることが重要です。

 

子供が家を出たくなるのは、多くがコミュニケーション不足と考えられます。

 

思春期の子供が不安定になりやすいものだからこそ、きちんと家庭でのコミュニケーションをとり、鹿児島神待ち掲示板の一見心地よい繋がりに負けないだけの強度を獲得する必要があるといえるでしょう。


家出神待ち少女が集まる大人気

神待ち掲示板