神待ち掲示板岐阜

岐阜の夜

岐阜に住んでいる時、神待ち掲示板で神様に毎晩お願いしたこと
私は10代の時に、毎晩寝る前に神様にお願いしていた事があります。
そのお願いは「どうかいじめられませんように」でした。私は大学生の時、いじめられてよく家出をしていました。

 

高校の時に少しいじめられた経験がありましたが、岐阜の大学には知り合いもおらず、心機一転たくさん友達を作りたいと思っていました。
初めのうちは新しい友達もできて、大学に行くのが本当に楽しかったです。

 

しかし夏頃、ひょんな事がきっかけで私はいじめられるようになりました。
いじめはどんどんエスカレートしていき、クラスの中で私と会話をしてくれる子は一人もいなくなりました。
それでもサークルが好きだったのでなんとか学校には通っていましたが、部活でもいじめの輪が広がり、ついには不登校になりました。

 

しかしこのままではいけないと思い、2回生になると同時にもう一度大学へ通い始めました。
ですが状況は変わりませんでした。もう家出して神待ちするしかないと思ったのもこのころです。
クラスの生徒はほとんど変わりましたが、1回生の時に同じだったクラスメートが中心になりいじめは繰り返されたのです。
その頃から私は毎晩神様にお願いをしました。「誰か一人でもいいから友達が欲しい」「普通に学校に通いたい」「いじめがなくなってほしい」と毎晩泣きながらお願いしました。

 

ですが結局私の願いは叶わず、私は転校する事になりました。転校先の大学では友達もでき、なんとかいじめられずに済みました。
ですがそれでもいつかまたいじめられるじゃないかと毎日不安でした。
ですから毎晩神様にお願いする事はやめられませんでした。
神待ち掲示板に書き込みもしていました。

 

 

その後はサポート校に通いましたが、それでも毎晩神様にお願いする事はやめませんでした。
そして無事大卒認定の資格をとり就職しました。

 

その後は多少の揉め事はありましたが、大きないじめになる事はなく、過去のトラウマからもだいぶ解放されました。

 

現在は数は少ないものの仲のいい友人もいます。毎晩神様にお願いしたご利益があったのかもしれません。

 

そして今、私は結婚して子供もいます。毎晩神様にお願いするということはなくなりましたが、初詣などに行った際は必ずお願いする事があります。

 

それは「娘がいつまでも笑っていられますように」「娘が幸せに暮らせますように」です。
お願いする内容は昔とは違いますが、また神様が私の願いを叶えてくれる事を信じています。


家出神待ち少女が集まる大人気

神待ち掲示板