神待ちBBS

優しい神様や泊め男を求めて!

神待ち掲示板bbsで、1人のサラリーマンと出会いました。ちなみに既婚者でした。もともと精力の弱い人で、新婚当初ですらエッチは週にせいぜい2回だと言っていました。

私は、初体験を済ましたかったので、神待ちbbsで知り合ったその男と初めて会った日にホテルに行きました。しかし、なんと彼が勃起しないのです。

ようやく勃ったと思ったら、入れて、数回出し入れしただけで射精してしまいました。三こすり半とはこのことかって感じです。

初体験の達成感は、全くありませんでした。彼はハンサムではないけど、優しいし、収入も人並み以上ですが、それだけが大きな欠陥でした。

そんな心のすき間に何か刺激になればいいなと考えて、私は友人から聞いた神待ち掲示板bbsを試すことにしたのです。最初は、ほんの好奇心でした。ヒマな時間に、スマホで見知らぬ男性とのアブナイやりとりを楽しんでいました。昔からいろんな掲示板を見るのが好きだったのです。

それたけで満足していました。でもそれは最初だけです。

そこで、知り合った男との私の人生2回目のセックスは、満足のいくものでした。彼は、筋肉質のスポーツマンで、私をべッドに押し倒すと、慣れた手つきで服を脱がせていきます。

私は元々どちらかというと細身ですし、体ののケアを怠ったことはありません。バストだってまだまだきれいだと自分では思ってます。

でも、男性の引き締まった体に較べたら、どうしたってだらしない体です。お尻やお乳の張りは、ありません。

そんな事を考えると私は急に恥ずかしくてたまらなくなりました。私は窓に顔を押しつけ、頭をかきむしっていました。私の涙が、ガラスにベったりとこびりついていました。

その日以来、私の生活は完全に壊れてしまいました。家に帰って、これまでどおりの日常生活を送っていても、頭の中にあるのは、セックス。

ただそれだけでした。もう、受験の事はどうでもよくなったのです。それから神待ち掲示板bbsで泊め男を見つけては家出してエッチを楽しむようになったのです。当然、成績はがた落ちです。

そんな荒れた生活をしていたので、私の貯金はあっという間に底をついてしまいました。今はかなりの金欠です。

だから神待ちしてご飯をごちそうになったり、服や小物を買ってもらったりと、ますます闇の世界に突き進んでいったのです。

もう、後戻りできません。親はこの事は、全く知りません。受験は確実に失敗するでしょう。

 


家出神待ち少女が集まる大人気

神待ち掲示板